講師紹介

西川 純

西川 純 氏 / 上越教育大学教育実践高度化専攻(教職大学院)

1959年東京生まれ。筑波大学生物学類卒業、同大学院(理科教育学)修了。博士(学校教育学)。 臨床教科教育学会会長。上越教育大学教職大学院教授

東京都八王子の都立富士森高等学校定時制の理科教師として、2年間の現場教師経験から、現在の講義での教え方、研究におけるスタンスを決定的に定める。

『学び合い』および『アクティブ・ラーニング』に関する著書多数あり。

現在は『学び合い』および『アクティブ・ラーニング』に関する第一人者として全国での講演および研修実績多数。

木下 晴弘 氏 / 株式会社アビリティトレーニング 代表取締役

1965年、大阪府生まれ。
同志社大学卒業後、銀行に就職するが、学生時代大手進学塾の講師経験で得た充実感が忘れられず、退職して同塾の専任講師になる。
生徒からの支持率95%以上という驚異的な成績を誇り、多数の生徒を灘高校をはじめとする超難関校合格へと誘う。
その後、関西屈指の進学塾の設立・経営に役員として参加。「授業は心」をモットーに、学力だけではなく人間力も伸ばす指導は生徒、保護者から絶大な支持を獲得。
以後10年間にわたり、講師および広報・渉外・講師研修など様々な業務を経験。
現在、株式会社アビリティトレーニングの代表取締役として、全国の塾・予備校・学校で、講師・教員向けの授業開発セミナーを実施している。セミナー受講者は14万人を超え、大きな注目を浴びている。

田原 真人

田原 真人 氏 / オンライン教育プロデューサー/Facebookグループ「反転授業の研究」運営

早稲田大学大学院で自己組織化を研究した後、物理の予備校講師となり、河合塾などで10年以上教える。
2005年に物理ネット予備校(フィズヨビ)を立ち上げ、動画を使った学習に取り組む。『微積で楽しく高校物理が分かる本』など著書10冊。
2012年に反転授業と出会い、動画とリアルを結ぶことに大きな可能性を感じ、Facebookグループ「反転授業の研究」を立ち上げたところ、 3年間で3700人のコミュニティへと成長。フラットでオープンなコミュニティ運営により、様々な活動が自己組織化的に生まれている。
Web会議システムを使ったオンライン講座を定期的に開催し、新しい形の学びを生み出している。

古新 舜

古新 舜 氏 / 映画監督/コミュニケーションデザイナー/コスモボックス株式会社・代表取締役

早稲田大学理工学部応用物理学科卒業 同大学院国際情報通信研究科修了 デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科修了(DCM修士)

23歳から映画の業界に入り、埼玉県川口市SKIP CITYにてハイビジョンの映画制作を先駆的に習得。早稲田大学大学院に進学。
新作短編映画「洗濯機は僕らを回す」で長岡インディーズムービーコンペティション「グランプリ」、いばらきショートフィルム大賞「奨励賞」と、過去の作品含めのべ30以上の映画祭で受賞・入賞を果たしている。法務省主催の「人権シンポジウム」講演、週刊エコノミスト「問答無用」インタビュー、「『アクティブ・ラーニング』フォーラム2015」登壇などメディア出演や講演会活動を積極的に行うと共に、学生や社会人向けにコミュニケーション力を育む“映画×アクティブ・ラーニング”ワークショップ「シネマ・アクティブ・ラーニング」を全国で展開している。

佐々木 喜一

佐々木 喜一 氏 / 成基コミュニティグループ代表

1958年京都市生まれ。同志社大学文学部(国文学専攻)卒業。財閥系金融機関(現三井住友カード株式会社)、情報出版社「ぴあ株式会社」を経て、1987年29歳で進学塾成基学園の第二代理事長に就任。
当時5教場の学習塾から幼児教育、個別教育、国際教育、小中高受験教育、大学生支援教育、社会人・父母コーチング教育等の総合教育機関(生徒数2万人、従業員数2200人(正社員300人、メンター/コーチ1400人、スタッフ/アルバイト500人)、教場数122拠点)として発展させる。
「世界の人びとから尊敬、信頼、愛される日本人創り」をモットーに、内閣総理大臣許可 日本青少年育成協会会長を歴任、教育コーチング事業を創設、(教職員、保護者を対象に7年間で5万人受講)、コーチングのパイオニア的存在。
2012年より、21世紀の日本にふさわしい教育体制を構築し、実行に移していく安倍内閣直轄の会議「教育再生実行会議」メンバーに、民間から唯一の有識者として選出。
『もう一歩踏み出せば人間力は上がる』(有峰書店新社)ほか、著書多数。

山口 哲司

山口 哲司 氏 / 成基アクティブラーニング事業部 事業部長

1979年京都生まれ、大阪育ち。
京都大学在学中に成基と出会い、生徒たちを指導していくうちにこれが自分の天職であることに気づく。集団指導講師として登壇初年度に、新人賞・最優秀SA賞・努力賞・優秀賞・大賞を獲得。以降、15年連続で、子どもから最も支持を集めた者に贈られる「メンター・オブ・ザ・イヤー」を獲得。現在もトップ講師として算数科副教科長を務める傍らで、2015年からは自らの授業スタイルの探究と高品質標準化のため、アクティブラーニング事業部の事業部長に就任。
子どもたちへの指導においては、授業の楽しさ・面白さ・理解・感動を最重視し、そこから生まれる「自ら勉強に取り組む姿勢」を承認することで、自学自習のサイクルを回すことを得意としている。
教え子には、数学オリンピック金メダル受賞者(京都初)など、顕著な成績を残すものも多数。座右の銘は「艱難汝を玉にす」。

佐藤 透 氏 / 学校法人桐蔭学園 入試広報部長

1992年から現職。教務主任を経て現在は入試広報部部長。アクティブラーニング推進企画チームの一員として、校内へのAL型授業の展開を進めている。専門は、『更級日記』を中心とした平安朝王朝女流文学、及び中学高校生に対する古典教育。古典作品に生徒個々が主体的に関わっていけるような授業を目指して日々授業研究に取り組んでいます。実践報告としては、「直観に始まる『古今和歌集』の実感的学習」など。

松永 和也

松永 和也 氏 / 学校法人桐蔭学園 中学国語

早稲田大学大学院(文学研究科)卒業。近現代文芸批評を専門とする。桐蔭学園におけるAL×ICTの本格的導入を準備段階から「走りながら考え」続けている。2015年12月に行われた公開研究会では中学国語を担当。今後の教科の課題として、ALを軸とした3年間、6年間のカリキュラムの体系化、評価方法の確立、探究的な学習との連携を進めている。

藤牧 朗 氏 / 目黒学院中学・高等学校 高校公民科

◎(元)東京大学大学院客員研究員 ◎獲得型教育研究会会員 ◎「理科の探検」企画委員 ◎温泉ソムリエマスター、温泉保養士、温泉観光士、温シェルジェ

今まで、様々な教育指導現場でいろいろな経験をしてきたことを生かして、自ら問題発見する力を育て、周りの人と協働していける力を養い、問題解決できる力を育てる、そして、それを自らの言葉で表現できる力を持つようにする…これが、今の「指導」目標であり、それに合わせた授業方法を目指して精進しているところ。
☆具体的には、「教えて考えさせる授業」の考え方を基盤として、そこに協働的な学びやKP法と獲得型教育(演劇的手法)を組み合わせた授業設計をおこなっています。

住ノ江 修 氏 / 学校法人賢明学院 ICT教育室室長

通信事業者ツーカーホン関西にて10年勤務。システム会社を経てソフトバンク代理店に入社し同社法人営業部 にてiPadコンサルタントとしてiPad3000台以上の法人導入に関わる。iPad 導入研修・活用セミナーを200回以上実施し様々な業種のiPad活用に精通。現在ICTコンサルタントとして大阪 堺市にある賢明学院小学校に常駐しICT教育室 室長の立場で以下の業務を行い教育現場におけるICT推進を行う。

・ICTを活用した授業提案 ・教職員への研修 ・電子教材作成  ・動画教材作成 ・ICT運用ルール策定 ・情報/プレゼン授業立案 ・ICT機器導入 ・他校へのICT研修 他

総合司会

鈴木 甲子雄 氏 / 一般社団法人アクティブ・ラーニング協会 代表理事

得能 絵理子 氏 / 株式会社アクティブラーニング アクティブラーニング・シニアレクチャラー アクティブラーニング認定ファシリテーター

第3回『アクティブ・ラーニング』フォーラム(全国教職員研修会)

次期学習指導要領改訂に向けて文部科学省は初等・中等教育機関においてアクティブ・ラーニングを強力に推進する方向性を示しています。そのため、教育現場の関心が一気に高まっており、全国の初等・中等・高等教育機関おいてアクティブ・ラーニングが実践されています。
そこで、この機会に日本の教育関係者が一同に会し、今一度アクティブ・ラーニングについて大いに考え話し合い、学びを深める機会となるようなイベントにしたいと考えております。

フォーラム参加者の声

・多方面にわたる内容で大変勉強になりました。
・様々な視点から、具体例が見られて大変興味深かったと思います。
・実体験と共に学べるいい機会でした。
・分かりやすく、インパクトがある内容でした。
・自分の求めているものがあった。様々な人と話し合うことができた。
・これからの教育の方向性を充分学ぶことができました。
・具体的な内容で、多くの新しい知識を得ることができた。
・色々な立場の方からのお話しは、大変参考になりました。
・アクティブ・ラーニングの概念と要素の双方の情報があり、大変有用な会であった。
・アクティブ・ラーニングという”未知のもの”を挑戦していくことが、大切だと実感しました。

ACTIVE LEARNING FORUM 2016

プログラム

※プログラムは予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

11:30 講演.1
+
ワークショップ
ICTが苦手な先生でもできる!ICT授業基礎講座
住ノ江 修 氏(学校法人賢明学院 ICT教育室室長)

アクティブラーニングにはICTが有効だと聞くが何から手をつけていいか分からない。 先生分のiPadしかないがこれで何が出来るのか? いろんなアプリがあるが何をどう使ったらいいのか? 反転授業で使用する動画作成を作ってみたいがどうしたらいいか? 各教室に大型モニターや電子黒板がない…….ICTは苦手…… そんな思いの先生方も多いのではと思います。
iPadをはじめとしたICT機器やアプリ等は特別なものではなく、先生にとっても生徒にとっても気軽に使える便利な文房具のようなものです。
設備が十分に整っていなくてもアイディア次第で効果的なツールとして活用できます。

私の学校ではICTと縁がなさそうな先生でも授業の中で普通にiPadをはじめとしたICTを授業ツールとして使っています。 それは何故でしょうか?
私でもできるかもと思えるICT授業活用事例と可能性をお伝えできたらと思います。
  講演.2
+
ワークショップ
学園をあげて本格導入! 現場の声をお届けします。
佐藤 透 氏(学校法人桐蔭学園 入試広報部長)・松永 和也 氏(学校法人桐蔭学園 中学国語)

桐蔭学園は2015年3月より、京都大学教授溝上慎一氏を教育顧問としてお迎えし教育改革へ踏み切りました。その中心的な柱として全教科にアクティブラーニング型授業を導入し、さらに中学・中等教育1年には生徒一人一台のiPad貸与を試みました。
その経過報告として同年12月に公開研究会という形で、公開授業と講師の方による研修の場を設けました。本日紹介させて頂く中心は、そこで行われた中学男子一年の国語科による実践です。授業秩序の維持、話し合いの質の担保、発問の工夫、ICTとの親和性、などALを導入した際に必然的に向き合うことになる課題への具体的な解決法を提案致します。
本学は日常的に授業見学に来て頂くことを歓迎しております。また本年も11月に公開研究会の実施予定となっております。ぜひ一度お越し頂き、情報交換や様々な議論ができればと思います。
  講演.3
+
ワークショップ
教育現場に求められる『アクティブ・ラーナー』の育成とは?
木下 晴弘 氏(株式会社アビリティトレーニング 代表取締役)

「アクティブ・ラーニングは今までにない効果が期待できる素晴らしい手法です。
ゆえにファシリテーターがその技術を磨くことはとても重要です。
しかし受講者がアクティブ・ラーナーでなければ、高度な技術をもってしても、目指す成果が得られない可能性があります。
『やる気』。使い古された言葉ですが、古来からこのキーワードは教育を志すものにとって永遠の課題を提供してきました。
本発表ではこの『やる気』について、皆さんとともに再確認していきます」
  講演.4
+
ワークショップ
オンラインコミュニティによる学び
田原 真人 氏(オンライン教育プロデューサー/Facebookグループ「反転授業の研究」運営)※海外からご発表/会場ファシリテーター:古新 舜 氏(映画監督/コミュニケーションデザイナー/コスモボックス株式会社・代表取締役)

変化の激しい21世紀に生きていく力を育成することが、アクティブラーニングや反転授業が注目されている一因だと思います。
しかし、授業と生きる力とを結び付けていくためには、教員が学校という組織の枠組を超えて、外部と協働し、共創していくことが必要なの ではないでしょうか。
2013年にスタートしたオンラインコミュニティ「反転授業の研究」は、「多様性のある森を創り、収穫を分かち合う」をキャッチフレーズ に掲げ、教育に関心のある多様なメンバーによりオープンな対話を行ってきました。
その結果、様々な集合知が生まれ、協働による価値創造が起こりました。これは、組織の枠組を超えて、個が繋がり合う一つの可能性だと感 じています。
私たちが体験しているオンラインコミュニティにおけるインフォーマルな学びの可能性について、お話したいと思います。
  講演.5
+
ワークショップ
仕掛けと仕組みで生徒を巻き込むアクティブ・ラーニング型授業とは?
藤牧 朗 氏(目黒学院中学・高等学校 高校公民科)

これまでさまざまな試行錯誤を重ね、授業を効果的にデザインする今の授業スタイルにたどり着きました。
例 ホットシーティング(演劇的手法)・KP法・グループワークの活用等
今回は実際の授業映像をご覧いただきながら皆様と一緒に考えていきたいと思います。
  講演.6
+
ワークショップ
守・破・離
佐々木 喜一 氏(成基コミュニティグループ代表)・山口 哲司 氏(成基アクティブラーニング事業部 事業部長)

2020年の大学入試制度改革を含む平成の教育改革においては、教員のあり方がキーポイントになり、教育再生実行会議第七次提言でも、従来の知識・技能のみならず、思考力・判断力・表現力を育むために、アクティブラーニングの重要性が示唆されています。
コンピューターサイエンスの爆発的な発達により、2045年には人工知能が人類の知能を超えるとまで予想されている今、これからの時代に求められるのは、リーダーシップや創造性・イノベーション・豊かな感性など人しか持ちえない、いわば「人間力」です。従来型の「ティーチング」型教育では、それらを育むことは難しいでしょう。
成基コミュニティグループでは、1962年の設立より一貫して、子どもたち一人ひとりの中にある「答え」を引き出すために、アクティブラーニングを実践してきました。
当日は、弊社の集団指導部門「成基学園」で15年間トップ講師として活躍し続ける山口が、成基で実践しているアクティブラーニングを、千利休の「守・破・離」になぞらえ、「離」の視点から解説致します。
18:30 講演.7
+
ワークショップ
幸せになるアクティブ・ラーニング
西川 純 氏(上越教育大学教育実践高度化専攻(教職大学院) 教授)

今、教育の質が厳しく問われています。今までは学校を卒業した、それだけで一定の評価が与えられました。
ところが、企業は社会人基礎力の無い人は高学歴であっても採用しません。
そのミスマッチから、現在の高校・大学を卒業する人の半数は非正規採用になっています。
しかし、逆の面から言えば、旧来の学歴モデルを捨てれば幸せになれます。そんなことを話したいと思います。

お申込み

- 開催概要 -

イベント名 第3回『アクティブ・ラーニング』フォーラム(全国教職員研修会)
開催日時 2016年3月28日(月)11:20~18:40
定員 400名
参加費 無料
場所 実践女子大学 渋谷キャンパス
東京都渋谷区東1-1-49 ⇒アクセスMAP
JR山手線、東京メトロ(銀座線、半蔵門線、副都心線)、東急(東横線、田園都市線)、京王井の頭線「渋谷駅」東口(東急南口)から徒歩10分
JR埼京線「渋谷駅」新南口から徒歩約10分
東京メトロ(銀座線、半蔵門線、千代田線)「表参道駅」B1出口から徒歩約12分
共催 一般社団法人アクティブ・ラーニング協会・実践女子大学
内容 産・学・官からの有識者および教育現場でアクティブ・ラーニングを実践されている教育関係者に登壇いただきアクティブ・ラーニングについての講演およびデモンストレ ーションを行っていただきます。

- お申込みフォーム -

満員御礼 ありがとうございました。

会場の受付は終了致しましたが、後日、配布資料や当日の映像を配信予定です。

こちらのFind!アクティブ・ラーニングに掲載致します。

掲載のタイミングでご案内のメールなどをお送り致しますので、
今すぐこちらのサイトから無料ログイン登録をお願い致します。


フォーラムの映像を見るために、Find!アクティブ・ラーニングに無料ログイン登録する